アブソリュート・エンコーダー・シリーズがマルチターン出力オプションを追加します

2018年10月16日


アブソリュート・エンコーダー・シリーズがマルチターン出力オプションを追加します

CUI Devicesのモーショングループは本日、アブソリュートモジュラー型エンコーダーのAMT21シリーズに、マルチターン出力機能を搭載したモデルを追加したことを発表しました。12ビットまたは14ビットの絶対位置情報を提供するこのマルチターンAMT21シリーズは、360度を超える回転を行うアプリケーション向けに14ビット符号化された番号の変換カウンターを実装しています。これらの機能は電源を切った状態でも位置を追跡する機能を備えているほか、変換カウンターはバッテリーのバックアップを介して維持されるため、ホームシーケンスの必要性を排除することができます。

CUI Devicesの特許取得済み容量性ASIC技術に基づくこのAMT21シリーズは、耐久性が高く、通常のモーションアプリケーションで見られる汚れ、ほこり、油に対する耐久性が高く正確です。この高および低レイテンシー位置データのための高速RS-485プロトコルは、5Vで8mAという低消費電流と、接地が簡単なロッキングハブ付きのコンパクトパッケージによって達成されます。機械精度±0.2度を誇るこのAMT21シリーズは、放射状または軸上方向のいずれかにおいて-40~+105°Cの動作温度範囲を実行します。

このAMT21シリーズのデジタル性により、ユーザーはCUI DevicesのAMT Viewpoint™ GUIまたはエンコーダーのRS-485プロトコルを介して、アライメントを設定することもできます。さらに、このAMT21エンコーダーのデジタルインターフェイスは、RS-485バスを共有する複数のエンコーダーのためのアドレス設定にも使用することができます。

このAMT21シリーズは、販売代理店を通じて50個単位で1個あたりの価格が$49.72からご購入いただけます。OEM価格については、CUI Devicesまでお問い合わせください。

概要
製品名: AMT21シリーズ
納期: 5週間
対象ユーザー: 産業、ロボティクス、バッテリー使用、オートメーションのアプリケーション
主な特長: マルチターン出力、12または14ビットの分解能、小型パッケージ
コスト: 販売代理店を通じて50個単位で単価$49.72から

発表用画像

ウェブ | 印刷
 
Powered By OneLink