堅牢で正確なコミュテーション・エンコーダーがBLDCモータの組み立て時間を大幅に短縮

2014年10月7日


堅牢で正確なコミュテーション・エンコーダーがBLDCモータの組み立て時間を大幅に短縮

CUI Devicesは、ブラシレスモータへの電流をベクトル化するための標準的なU/V/Wコミュテーション信号を生成する、次世代型モジュラーエンコーダーの新製品シリーズを発表しました。

AMT31シリーズは、CUI Devicesの特許取得済みの静電容量コード生成システムと独自のASICを使用して位置情報を生成します。この技術を搭載したエンコーダーは、効率的な稼働を妨げる原因となることが多い振動や汚染物質(埃、汚れ、油など)の影響を受けやすいブラシレスDCモータ用途での使用に最適です。また、AMT31シリーズは+/- 12 arcmin(±0.2機械角度)という高精度指数を実現します。

エンコーダー設計のデジタル化により、AMT31シリーズにはワンタッチゼロ(One Touch Zero)機能が組み込まれているため、モータの取り付けプロセスの時間を大幅に削減できます。ブラシレスDCモータ(BLDC)へのコミュテーション光エンコーダーの取り付けは、正しいモータ巻線とのアライメントのため、物理的かつ正確に光ディスクを回転させなければならないため、反復が多く時間がかかる作業です。また、アライメントの後も、取り付け精度を保証するためにバックEMFを介してアセンブリを確認する必要があり、この作業はモータ当たり15分以上もかかることがあります。AMTはASIC及びMCUベースで、ワンタッチゼロ機能により、この時間のかかる作業を数秒に軽減し、製造過程の時間とコストを削減します。

コミュテーション出力は、2、4、6、8、10、12または20極のペアのブラシレスモータに対応でき、工場出荷時またはCUI DevicesのAMT Viewpoint™グラフィカルユーザインターフェースから選択可能です。また、AMT31は、さまざまなサーボポジショニングや起動シーケンス用に補助のA、B、Zのインクリメント・チャンネルも提供します。48~4096のPPRの範囲で20の分解能がプログラム可能で、この調整も工場出荷時またはCUI DevicesのAMT Viewpointを使用して行うことができます。設計段階または現場での迅速な分析のために、AMT31はオンボードの診断システムを搭載しているため、さまざまなパラメータにアクセスできます。

CUI Devicesでモーションコントロール製品の統括責任者を務めるJeff Smootは次のコメントを述べています。「CUI Devicesは次世代型コミュテーションエンコーダー技術を市場に送り出すことができました。当社のAMTエンコーダープラットフォームは最高の正確性と堅牢性の両方を兼ね備えているため、これらのいずれも妥協する必要はありません。また、高度の柔軟性とインテリジェンスも備えているため、市販されている従来のソリューションと比べ、開発及び組み立ての時間を大幅に削減することができます。」 

このシリーズの寸法は、28.58(幅)x 37.25(高さ)x 10.34(奥行き)mmで、動作温度範囲は-40~+105℃です。5 VDCで10mAの電流を備えたAMT31シリーズは、モバイル機器とバッテリ駆動装置に最適です。CMOS電圧またはラインドライバー出力のオプションを備えた4.5~5.5 VDCの入力範囲が標準となっており、その他のオプションには、ラジアル方向または軸方向のコネクタ配置、2mmから8mmの9つの接合スリーブ、さまざまなモーターと適合する事前に空けられた複数のマウントホールパターンを備えたベースプレートがあります。

AMT31シリーズは、シーユーアイ・ジャパン直販及び同社販売代理店各社から販売されます。OEM価格についてはCUI Devicesまでお問い合わせください。

CUI DevicesのAMTエンコーダーファミリの詳細

 
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink