PCBフットプリントと記号の使用に関するヒントとコツ

著者:CUI Devices

PCBフットプリントと記号の使用に関するヒントとコツ

これまでずっと、エンジニアはPCB記号とフットプリントをゼロから作成してきましたが、これは退屈で時間がかかる作業です。基板レイアウト中の作業を簡単におこない、エンジニアが製品をより迅速に市場に投入できるようにするために、CUI DevicesはSnapEDAと連携して、複数の検証ステージを通過した高品質モデルを提供します。

このPCB記号とフットプリントは、当社の幅広いオーディオ相互接続センサスイッチ熱管理の各製品で網羅されており、当社WebサイトやSnapEDAからダウンロードできます。このブログは、これらのPCB記号とフットプリントの一部の重要な特徴、基準や検証プロセスを紹介し、さらにCUI DevicesとSnapEDAを使用して設計プロセスをスピードアップするための、その他のヒントやコツを見ていくことを狙いとしています。

SnapEDAとは?

SnapEDAは、初めての最先端の電子設計検索エンジンです。エンジニアが革新を遂げられるように障壁を打破することをミッションとしています。毎年、数百万人のエンジニアたちが、SnapEDAのPCB記号とフットプリントを使用して自分たちの製品を構築し、時間を節約しながら迅速に革新を実現しています。

CUI DevicesのWebサイトでPCBモデルを検索する方法

www.cuidevices.comでPCBフットプリントと記号にアクセスする方法はいくつかあります。特定のモデル番号が既に分かっている場合は、モデル番号/キーワード検索に入力すれば製品ページに移動できます。以下の画像に示されている通り、PCBフットプリント・ビューアへのリンクは、製品によって、メインリソースハブまたは製品ページで利用可能なモデル表の中にあります。このリンクをクリックすると、PCBフットプリントビューアに移動し、ユーザーはこのモデルを閲覧しダウンロードできます。

PCB記号とフットプリントは、CUI DevicesのCADモデルライブラリからもアクセスできます。この便利なリソースは、当社の3DモデルとPCBフットプリントのすべてをこの便利な一か所に収納しています。モデル番号での検索や、製品カテゴリによるフィルターを使って、指定した製品の使用可能なモデルにアクセスすることができます。

PCBフットプリントのリンクを表示した、CUI Devices製品ページのスクリーンショット
製品のメインページにあるリソースハブのPCBフットプリントへのリンク
PCBフットプリントのリンクを表示した、CUI Devices製品ページ上で使用可能なモデル表のスクリーンショット
製品ページのPCBフットプリントのリンクが使用可能なモデル表

サポートされているPCB設計の形式

CUI DevicesのPCB記号とフットプリントは、すべての主要なPCBの設計形式でダウンロードできます。これには、Altium、Eagle、KiCad、OrCADとAllegro、PADS、PCB123が含まれています。右上隅にある形式を選択すると、目的のPCB設計ツールのダウンロードが開始します。

CUI DevicesのPCBフットプリント ビューア モジュールのスクリーンショット
CUI DevicesのPCBフットプリント ビューア モジュール

ダウンロードしたファイルのインポート方法

ダウンロードをすると、how-to-import.htmという名前のファイルを含むzipファイルがあります。そのファイルをダブルクリックすると、SnapEDAのインポートガイドを参照することができます。ここから、左側のナビゲーションパネルで目的の設計ツールを選択します。このインポートガイドには、インポートに必要なすべてのチュートリアルとガイドが含まれています。

SnapEDAのインポート方法のガイドのスクリーンショット
SnapEDAのインポート方法のガイド

モデルが準拠する基準について

PCBフットプリントは、当社データシートのCUI Devices推奨PCBレイアウト、ならびに該当する場合は、IPC-7351BおよびIEEE-315基準に従っています。

モデルの検証方法

すべてのモデルは、SnapEDAが企てる3つの検証ステップから成るプロセスに従っています。複数のエンジニアによるコンテンツのレビューに加え、SnapEDAの特許取得済みのシンボルおよびフットプリント検証技術を通じた検証がこれには含まれます。

さらに、両社間のプロセスの最終ステップとして、CUI Devicesのエンジニアによってすべてのモデルが検証されます。

とはいえ、エンジニアは製造前にモデルが独自の設計環境と要件を満たすことを確認する必要はあります。

これらのモデルは商業デザインに使用できますか?

はい、これらのモデルは、プロの設計者の回路基板設計に使用することができます。このモデルは、クリエイティブ・コモンズ表示—継承4.0国際ライセンス(CC BY-SA)設計例外1.0としてライセンス取得されています。

SnapEDAは、2015年に設計例外の概念を導入しました。これにより、CADモデルを完全に自由に、かつ柔軟性をもって商業目的で使用できるようになります。設計例外によると:

お客様は、SnapEDAが提供するCAD記号やフットプリントを組み合わせて形成された設計作品、設計ファイル、製造された基板のすべてまたはいずれかを伝播する権限を持ちます。このような伝播がCC-SAの条件に違反するような場合でも同様です。その後、独自の選択による条件下で、この組み合わせを譲渡することができます。

詳細については、各モデルに含まれるライセンスを参照してください。

その他のよくある質問

Altium 3DモデルをAltiumにインポートする方法
Eagle 3DモデルをEagleにインポートする方法
パッドをEagleの基板設計に追加する際、オーバーラップする理由
Eagleでの長穴の扱い
EagleでDRCコマンドを使用した後に「間隔エラー」が出る理由
KiCad 3DモデルをKIcadにインポートする方法
Allegro 3DモデルをAllegroにインポートする方法
Allegroの.draファイルから.padファイルを生成する方法
Allegroでの長穴の定義方法
Proteus 3DモデルをProteusにインポートする方法、Proteus 8.8にインポートする方法
PADS 3DモデルをPADSレイアウトにインポートする方法
その他のツール* CircuitStudio
DesignSpark PCB
DipTrace
EasyEDA
Easy-PC
PCBアーティスト

*SnapEDAではまだ正式にサポートされていません。インポート時に確認してください。

その他のPCB設計のヒントとコツ

  • CUI Devices製品、そして設計上のその他の補完的な部品を使って、SnapEDAでプロジェクトライブラリを作成しましょう。その後ユーザーは、プロジェクトのCADモデルライブラリを単一ライブラリとしてエクスポートできます。
  • InstaBuildを使う設計で、コンピュータービジョンと人工知能を使用して、他の集積回路の記号を無償で自動化します。
  • エンジニアが設計ツール内のCADモデルを検索およびダウンロードできる、Altium、KiCad、およびEagleなどのツール向けのSnapEDAプラグインをダウンロードしましょう。
  • 24時間以内に、InstaPartサービスを使ってSnapEDAライブラリに未収録のCADモデルをリクエストしましょう。

結論

回路基板の設計は従来、多岐にわたる製品構成と規格により、非常に時間がかかる困難なプロセスでした。しかしながら、このブログに記載されているヒントとコツに従って、CUI Devicesのベンダーで既に検証済みのPCBフットプリントと記号を活用すれば、ユーザーはフットプリントエラーを防ぎ、よりスマートに設計をすることができます。

その他のリソース


この記事またはトピックに関するコメントを今後当社が取り上げるべきだと思いますか?
cuiinsights@cuidevices.comにメールでご連絡ください。

すべきこと:タグ & カテゴリー
CUI Devices

CUI Devices

CUI Devicesは、他では目にすることができないほどのさまざまな製品技術を専門に扱う電子部品メーカーです。当社は、設計に関する提携の経験を駆使してOEMを提供するという使命を携え、お客様の設計目標をスムーズ且つスケジュール通りに達成するお手伝いをさせていただきます。

 
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink