ロボット工学の未来: ロータリーエンコーダをモバイルロボットに活用する方法

2020年4月1日


ロボット工学の未来: ロータリーエンコーダをモバイルロボットに活用する方法

業界誌『Circuit Cellar』の4月号で、CUI Devicesのエンジニアリングバイスプレジデント、ジェフ・スムート(Jeff Smoot)は、モバイルロボティクスの台頭でエンコーダが果たす重要な役割と、静電容量技術がもたらす省エネによるシステム全体の効率化について説明しています。

この記事は、「自律型ロボットとドローンは当初、製造業や軍事分野の大企業と政府機関向けに開発がスタートしました。しかし、コストが下がり、多様な市場とサービスにアクセスできるようになったことから、近年は商業用モバイルロボットの需要が急上昇しています。最近の調査では、空中ドローン市場は、2022年までに180億ドルを超えると予想されています。」という書き出しで始まります。

『Circuit Cellar』の記事の全文を読む

CUI Devicesのロータリーエンコーダのフルラインを表示する

 
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink