コネクター安全要件の理解

Ryan Smoot/著

コネクター安全要件の理解

他のすべての電気機器と同様に、信号、電力、データ、またはオーディオ転送に使用されるコネクタが存在します。低電圧または高電圧の設計、商用または産業用アプリケーションなどあらゆる用途に使用できます。すべてのバリエーションで、安全認証に実際に必要なものは何ですか?一部のコネクタは安全認証を受けているが、他のコネクタは受けていないのはなぜですか?

低電圧コネクタの安全に関する誤解

低電圧、低電力のコネクタでは、通常、コネクタ自体に安全認証は必要ありません。製品の安全認証を取得する場合、製品設計全体に対して安全性試験が行われます。これは、コネクタを含む個々のコンポーネントも対象となります。この種のコネクタは安全認証は必要ありませんが、UL94などの可燃性定格を満たすプラスチック材料を使用して製造されることがよくあります。UL94はULの安全規格で、さまざまな方向や厚さでそのプラスチックがどのように燃焼するかによって分類します。以下は、一般的な難燃性のクラスを、難燃性の低いものから高いものまで示しています。

  • HB: 水平標本の緩徐な燃焼、厚さ3mm未満で76mm/分未満の燃焼速度、または100mm前の燃焼停止。
  • V-2: 垂直状態の試料で燃焼は30秒以内に止まる。炎の粒子のドリップは許される。
  • V-1: 垂直状態の試料で燃焼は30秒以内に止まる。粒子のドリップは燃焼していない限り許される。
  • V-0: 垂直状態の試料で燃焼は10秒以内に止まる。粒子のドリップは燃焼していない限り許される。
  • 5VB: 垂直状態の試料で燃焼は60秒以内に止まる。ドリップは許されない。プラーク標本に穴があくことがある。
  • 5VA: 垂直状態の試料で燃焼は60秒以内に止まる、ドリップは許されない。プラーク標本には穴が開かない。

ただし、コネクタが特定の可燃性定格の材料を使用しているからといって、その部品がUL認定部品であることを意味するわけではありません。ULイエローカードとも呼ばれるUL可燃性証明書は、ご要望に応じて提供できます。この証明書には、原材料のプラスチックがどの燃焼クラスに適合するかについて詳述されています。

ULイエローカードのスクリーンショット例
UL可燃性証明書またはULイエローカードの例

高電圧コネクタの安全リスク

低電圧コネクタには通常、安全認証は必要とされませんが、高電圧コネクタは、感電、火災、高温上昇などの安全に対するリスクが高まることから、安全認証を必要とする場合があります。そのためさらに注意が必要です。このようなコネクタは通常端子ブロックやその他の高電圧コネクタで、産業用アプリケーションで使用されています。いずれの場合も、個々のコネクタ認証が必要かどうかを調べるために、最終製品の実際の認証要件を参照する必要があります。

結論

相互接続コンポーネントに必要な安全に対する基本的な理解を身に付けることで、エンジニアは自信を持って部品を選択し、コストのかかる安全認証の問題と遅延を回避できます。CUI Devicesが提供するコネクタは、UL94定格材料で製造されており、ほとんどがUL94V-0に適合しています。当社の高電圧定格端子ブロックはUL認定部品です。

その他のリソース


この記事またはトピックに関するコメントを今後当社が取り上げるべきだと思いますか?
cuiinsights@cuidevices.comにメールでご連絡ください。

すべきこと:タグ & カテゴリー
Ryan Smoot

Ryan Smoot

技術サポートエンジニア

CUI Devices製品に関する幅広い知識を持つRyan Smootは、多岐にわたる分野の技術サポートとアプリケーションサポートを提供しています。彼が管理するCUI Devicesの堅牢なCADモデルライブラリは、エンジニアにとって製品設計の合理化に役立つ極めて有益なリソースを提供しています。Ryanは、プライベートな時間ではランニングや、アウトドア、妻や生まれたばかりの子供と一緒に過ごす時間を楽しんでいます。

 
チャットする
チャットする

所属部署を選択してください

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink